妊活中は女性だけでなく男性も葉酸を摂取する必要性を知っていますか?

葉酸は、妊活中の女性にとって、お腹の胎児が健康に成長するために必要だということは広く知られています。葉酸はビタミンB群に属する成分で、DNAを形成するのに重要な働きをします。妊娠初期には胎児の神経系統が成長しますが、葉酸が不足すると、脳神経に異常をきたした二分脊椎や無脳症になる可能性がありますから、適切な量の葉酸を摂取する必要があります。また、葉酸には赤血球を作る働きを助ける役目を持っているので、貧血などの予防にも効果があります。しかし葉酸は、実は女性だけでなく男性にとっても、必要不可欠な成分です。特に妊活中は、女性だけでなく男性も摂取が必要です。なぜなら、葉酸を摂取することで、精子における染色体異常の軽減する効果があるからです。妊娠して元気な赤ちゃんを産むためには、女性の健康な身体だけが必要なだけでなく、男性の健康な身体も必要です。健康的な男性の精子であっても、染色体異常の奇形の精子が、わずかですが一定の割合で存在しますから、葉酸を摂取して染色体異常の軽減を促す必要があります。染色体異常の軽減された健全な精子が多いということは、それだけ受精の確率が高くなるので妊娠する可能性が高くなります。ただ健全な精子は長い時間をかけて作られます。精原細胞から70日間をかけ分化し精子となるので、赤ちゃんを望むのであれば、3ヶ月前には意識して葉酸を摂取する必要があります。定期的に葉酸を摂取することで、精原細胞から70日間をかけ分化し精子となるものは、染色体異常の軽減された健全な精子になるでしょう。妊活は、女性がするものというイメージがありますが、健全な精子が必要なことからわかるように、男性のサポートが重要になります。妊活中は、なかなか妊娠できない場合にはストレスがたまります。ストレスがたまるとホルモンのバランスが崩れて体調を崩すことにもなりますから、二人で協力することが大事になります。妊娠するには男性も女性も、栄養バランスの取れた食事と充分な睡眠を取って、身体を健康に保ちましょう。睡眠中には成長ホルモンが多く分泌されるので、疲労回復を促し質の良い精子を作ることができます。そして赤ちゃんを希望するなら、遅くても3ヶ月前には意識して葉酸を摂取するようにしましょう。葉酸は野菜や豆などの食物に含まれますが、毎日定期的に必要な量の葉酸を摂取することは現実的には難しいですから、葉酸サプリメントなどで摂取するといいでしょう。